忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元々、体重など気にする必要の無かった体質なんですが。

出産する度に1kgずつ、お腹周りと腰周りに残るんだよなぁ。妊娠中の体重増加も
お医者さんの指示通り10kg以内に抑えているのですが。

とりあえず、食べたいけど食べれない(TдT)
(つわり時は、あんなに食べたくなかったのが嘘のようです。)

ので。話題の『豆乳おからクッキー』でも試してみようかと思います。
また、衝動買いか…orz

↓22(木)までポイント10倍。送料1円。



★送料1円!★8種類の味!美味しくて低カロリー!満腹になって-5kg?【ポイント10倍 5/19(月)...





そして、頂き物に対する、返礼絵(^^ゞ もついでに…

ここに、このCPの需要で来る方は少なそうだけども。

『ゴッ輝』の北見×テル。

↓プリクラ風、ハグ。という、わけわからんシチュです(笑)





拍手[0回]

PR

     ゴッドハンド輝(39)     ゴッドハンド輝(40)

もう、40巻が出てるのに~(-_-;) 今更。
ちなみに、『ゴッ輝』とは、熱血医師テルが、患者にとっての「最高の医療」を目指し
成長していく物語。

39巻の、テル先生の説明に共感したシーン。
尿膜管遺残の為、切除手術をしなければならない女の子に、怖がらないように説明するのですが…。
その、「おへそ」についての蛇足的知識が、経験上笑えました(^_^;)

「いざって時は おへその分の皮が伸びて 妊婦さんのお腹をおおうんだ。」
「だから妊婦さんの中には おへそがなくなっちゃう人もいるんだよ。」
「えー、ホントォ!? おへそって凄いんだね!?」

ついでに、おへその皮が伸びると、臍のゴマが綺麗に取れることも追記したい(笑)

↓ホントに限界まで皮が伸びます(;´∀`)
 息子がお腹に入ってた臨月の時、思わず記念撮影してしまったです。

 でか腹.jpg

御目汚しスミマセン
お腹の真ん中に、一本の縦線も目立ってくるのですが、これは卵割の跡だそうですよ。
すごいなぁ、一番最初の細胞分裂の跡があるなんて。

いやいや、真面目な話、こういう丁寧な説明を施してくれるお医者さん、良いですね。
産科と小児科は、ホントに難しいらしいんですが(仕事のハードさとか、訴訟とか)
幸い、こちらは懇切丁寧な開業医様が地元に居て助かってます。

一方、別の病院でドクハラを受けた事もありますが。何様だっちゅーねんヽ(`Д´#)ノ
そんな病院の都合やら、何かを履き違えた医者やらと、テル先生が真っ向からぶつかって行く所が、この作品の見所だと思います。

コミック巻末にある、家庭の医学的知識も、結構お役立ちです。
この巻では「あかぎれの治し方」で白色ワセリンを使う…と紹介されていましたが。
これは本当に効きます!!
私の手荒れは酷いもので、それまで尿素配合の「ケラチナミン」という商品を使っていたのですが、結構刺激が強くて沁みるんですよね。しっとりはするけど、長続きしない感じで。

でも、ワセリンなら水を弾くので落ちにくいし、中性で不純物も無いので顔にも安心して使えます。
高純度のワセリン「サンホワイト」は、最近アレルギー専門の小児科の薬局でも売っているので重宝してます。

拍手[0回]


気力萎えの為、またもや昔絵を晒しときます(;´Д`)

イベントでスペース前に飾っていたイラストボード。
主要キャラがセル画で、背景はキャンソン紙にカラーインク、水彩絵具、紫の色鉛筆、
使用。

浅美先生が、キャンソン紙にパステル+色鉛筆で描いてたので(←推測)、マネしてみたもの。
キャンソン紙はデコボコなので、ペン入れには向かないけど、色鉛筆で描くと紙肌の
模様が綺麗に出て好きです。発色も良いし。
デジタルは色の修正が直ぐ出来る所が便利ですが、アナログは乾いた色、重ねた色を想像しながら描きます。

こういうアナログ絵の方が色々試せて面白いんですが、もう時間が取れないから無理
なのが哀しい。
老後の趣味にしたいけど、老眼になったらキツイなぁ(苦笑)

拍手[0回]

初回、「OPがテンション下がる」と思っていた『ヤッターマン』。
昨日の放送を見て、自分の中では、歌も番組内容も大分馴染んできたような感じ。
(順応、早)

もしかしたら、それ程度の拘りなのかもしれないが……。
楽しんで観られるようになってきた。新作として捉えれば、違和感は感じない。
最初からEDには抵抗も感じなかった。というか、心が動かされなかった。
最近のアニメは一様に、番組内容に関係ない歌詞や曲が多いからだ。嗜好に合えば、その曲だけを好きになる場合もある。“耳慣れれば、CD買ってもらえる戦略”だと思う。

ただ、初めて観る人には良いけど、そのアニメ作品が本当に好きで観ている人には、まず受け入れられないだろう。
比較する元があれば「原作と違う」「キャラの心情と合ってない」と、先行するイメージに囚われてしまう。
でも、アニメは常に、新規のお客さんをターゲットにして拡大して行かなければならないのだから、昔と同じではダメなのも分かる。その辺が、リメイクの難しさなのだろう。
キャラクターのイメージも、同様で。どうもガンちゃんの声のせいか、『結界師』の良守とイメージが被るのだが(^_^;)
普段は、ちょっとダラけてても、“決める所は決める”感じの主人公像でも、良いかな…と思えてきた。最近の流行ならば、自分の趣味と合わなくとも仕方ない。

結局、古株としては、作品の知名度が上がる方を喜ぶべきで。それをキッカケにして、
本来の作品の良さも知って貰えれば良いと思う。

元祖『ヤッターマン』の数年後。その流れを受け継ぐような、(私が青春を掛けた)「魔神英雄伝ワタル」という作品が登場した。
この作品は、様々なメディアを展開させて10年程続いたのだが。
やはり無印が一番完成度が高く、監督も苦労して続編を創っていたそうだ。
無印の10年後に、新作なんだけど、リメイクのような作品になってTVに帰ってきた時。かなり複雑な心境になったことは忘れられない。

10年もの間、主題歌を歌い続け、ファンにも親しまれていた歌手を、変えてしまったからだ。
その結果、新規のお客さんを それなりに確保したが、その人気を支えてきたファンを
霧散させる形で終わってしまった…ような気がする。
番組内容も、新作(新規向け)なのか、リメイク(旧ファン向け)なのか、どっちつかずだったのも問題だった。
その辺、今度の『ヤッターマン』では、どうなるのか。

主題歌は、そのアニメの看板とも言えるべき存在だと思う。
歌声や歌詞・曲が作品イメージを膨らませ、その曲とピッタリ合った映像が流れることで、作品世界に惹き込まれる。
「面白そう!!」と勝手に鳥肌が立つ位の、主題歌……。
そんな主題歌が、最近は少なくて残念に思う。

昔のアニメだったら、主人公の名前、ロボットの名前、必殺技の名前などが入った歌詞で、そのアニメの為に作った曲が多かった。
そんなやり方を現在でも踏襲しているのは、もはや幼児~低学年向けアニメしかない…気がする。『アンパンマン』や『プリキュア』など。
少し前では『ドラゴンボール』の主題歌なんて、インパクトが強すぎて未だに忘れられない名曲だ(笑)
長く続く『ドラえもん』では、最近流行の歌になってきたのは、やはり時代か。

最近のアニメ主題歌で、ビビッときたのは『デルトラクエスト』の新OP
「In This Life ~旅立ちまでの3ステップ」
それまで普通のJ-POPだったのに、いきなり本場オーストラリアの大物歌手に歌わせちゃったところが凄い。(←原作がオーストラリアの作品)

子供向けアニメに洋楽なんて、斬新過ぎ。でも、映像のカッコ良さと伸びやかな歌声がピッタリで、英語が分からなくても、爽快感たっぷりです。
訳詩を見ると、冒険ファンタジーにピッタリで、正にこの作品の為に創られたんだなぁ、と思えて感動。オーストラリア大使館の後援、凄すぎる…。
早速、発売日にダウンロード購入しました(*^_^*)

やっぱり、売上に結びつくのは。一目惚れに近い、インパクトが必要じゃないかな…。
アニメの人気も歌手の人気も、相乗効果が上げられるような、ぴったしカンカン(死語)な主題歌が増えて欲しいです。

……が、それが難しいんですよね(^_^;)


【送料無料選択可!】イン・ディス・ライフ~旅立ちまでの3ステップ / デルタ・グッドレム

拍手[0回]

 

眠いので、昔出した同人誌の表紙を晒して逃げます。
何気に在庫も、実家に眠っているのですが(汗)
(↑捨てるに捨てられなくて困っている…)

(つ∀-)オヤスミー

turning point-wh .jpg

持っている方、極小。
エアブラシとカラーインクと水彩絵具使用。塗りムラが酷い。

拍手[0回]

見ました。

ちょっと、いきなり何ですが。山本まさゆき版を愛聴している身としては、
OPに調子狂いましたorz
あのノリの悪さ~~。アレンジするなら、もっとアップテンポにしてくれ~、
あれじゃ盛り下がる↓
山本さんが歌わないなら、新曲にした方が良かったんじゃ……。

などと、のっけから愚痴ですみません<(_ _)>

気を取り直して。最初から3悪のお約束シーン連続は、嬉しかった!!
特に、小原さんや たてかべさん は、『ドラえもん』を降板してから、もう聞けない声だと
思っていたので、嬉しい驚きです。
しかし中の人お三方、72~76才とは……声を変わらず、維持していて凄い。

絵柄とか表現とか、現代風になっていて可愛いと思うのですが。
クドイ昔のアニメの方が面白い、と思ってしまうのは年取ったせいか(ノ∀`)
これから馴染んでいくかなぁ。


    

久々に引っ張り出して聞いたら、やっぱりこちらの方がワクワクしました(;´∀`)
タイムボカン・シリーズの主題歌が全部入っている、ベスト盤です。
♪赤い仮面に燃え上がる 正義のこころ~♪ 「ヤッターキング」の曲も良いですね~。

拍手[0回]

毎日子供達と一緒に、時間を無駄に過ごしている気が…。

NHKで毎日一挙放送している、「メジャー」に釘付けです。

あー、やっぱり面白いわ。

しかし、吾郎くんって。一から築いて、遣り遂げたら出て行くの繰り返し…。
この態々茨道を選ぶ所が、何とも燃える。

 「メジャー」吾郎・寿也激闘編 2nd.Inning

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]