忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


…今更ですが、見ました。この作品、瀬谷さんの作画も綺麗だし、ストーリーも完成度が高いですね。

  ブラック・ジャック 空からきた子ども


↓以下、ネタバレ感想です。




一番に印象深く、驚かされるのは、ラストの違いです。
非常に原作に近い雰囲気でありながら、カガノフの扱いが全く違う。

原作のガガノフの印象って、軍人である事に誇りを持っている感じがするんですよね…プロ意識というか。
最後にレポールと自爆するのも、母国の為の証拠隠滅なのかな…と思うところです。
それは、BJと並べて、見事に仕事をやり遂げる男の姿を表現しているのではないかと
読み取れます。

それが、アニメ版では。『家族の為に、軍人である事を捨てた一人の父親』の姿が
前面に出ているのですよね。
BJに自己紹介する時、軍人式にやりかけて躊躇う様子を見せたり。
レポールと自爆する理由が大きく変わっています。
日本のレーダーは掻い潜れるものの、母国の追跡からは逃れられない事を最初から分かっていたのでしょう。
手術の成功を見届けてから飛び立ち、追っ手を引き付けてから一家心中に見せかけて、自爆。
家族の為に、命を投げ出す父親の強い愛。心を揺さぶられたシーンでした。

それを見届けたBJの台詞も変わってきます。
「おまえさんもたいした軍人だったぜ。」と壮絶な最後に圧倒されていた感のある原作。
それが、「息子に残したのは、この薄汚れた布切れだけなのか…。いや、この布に込められた想いを俺は知っているつもりだぜ。」(←うろ覚え)
となっていて、そこに至るまでのガガノフの葛藤や愛情を際立たせている感じで余韻が大きく変わった気がします。
どちらが好き、というのは個人の好みでしょうけど。

後、気になった所を箇条書きで。

  • 間家の食卓風景。レオやユニコの茶碗使用(笑)
    こんな子供茶碗を使っている事に違和感(;´∀`)
    お味噌汁の中身は、ハートに型抜きした人参。こんな面倒な手間を掛けているにも係わらず、生煮え(爆)
    でも「生だぞ」と言いつつ、お新香のような音を立てて平然と食べる先生。
    ……愛だと思う。 

  • 治す方法が無い…苦悩する余り、高笑いするBJ。演出的に派手だけど、狂気じみてる先生はちょっと頂けない。
    BJの瞳孔にアップするカットがあるのは、「やはり瀬谷さんだな」と思った。

  • 手術室の入り口が、やたらと時代を感じさせる。
    「手術中」の電灯ではなく、赤電球と「手術中」と書かれた札(しかも縦書き)。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[547]  [546]  [545]  [536]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]