忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芦田豊雄回顧展に行ってきました。
ファンが沢山集まり、皆同じ志で大好きな作品を見に行ける幸せは中々ありません。
一ヶ月以上も前から指折り数えて楽しみにしていたのですが、終わってみれば何とも言えない寂寥感。

でもそれはもう、素晴らしい空間でした。行って良かった。出来る限り何度でも逢いに行きたい……。
楽しくて、面白くて、切ない。私にとっては、そんなワタルワールドのような感覚でした。

詳しくはまた後日に書こうと思うのですが。
今、芦田さんの作品とそれに係わった方々の熱い想いの籠った図録を手に、涙が止まらなくて困っています。

直接お会いした訳でもなく(訂正:一度だけサインを頂いた事があったのを思い出しました。)、お人柄を詳しく知る訳でもない。
でも、確かに作品を通じて生きる力を、人生を楽しむ力を与えられたのです。

芦田さんは、今は亡き私の父と一つしか年齢が変わらない事もあって、まるで父を失った時のように何だか分からないけど泣いてしまいます。
私にとって、こんなに大きな存在だったんだなぁ。


会場で、絶筆となったワタルのイラストを前にして。(以下反転。これから行く方は、ご自分で確かめてからの方が良いかも。)

皆が涙を堪えていました。こんなに、多くの人が芦田作品を愛し、失ってしまったものの大きさに涙している……
私は「会場じゃ泣かないぞ!」と頑張っていたのですが、涙を堪え過ぎて鼻水が垂れました(苦笑)

B3サイズ(だと思う)の用紙に、少しはみだす程に大きく描かれた「1」のワタルでした。
鞘に入った剣を片手に握り、片膝を付き、キリッと口を引き結んだ表情で。

病状が思わしくない中で描かれた線は、ガタガタに乱れている部分もあり、途中まで塗ってある色は塗りムラがあったり、はみ出していたり。

その最後の作品に辿り着くまで、素晴らしく柔らかで綺麗なライン、緻密な描き込み、色使いを見てきたのですから、
どれだけ苦しい中で描かれたものなのかと尚更強く感じます……。

7/6にご家族に取り上げられるまで描いていた。翌日には入院されたという。
何でそうまでして描いていたのだろうと思う。

これは私の勝手な想像だけれど「もう、これが最後」という想いがあったのかな。
私達へ残してくれた贈り物なのかもしれない。でもやっぱり、キャラクターへの愛なのかもしれない。

だって、ワタルの瞳はとても丁寧に描かれてあって、輝いて見えるんですもん!!
輪郭だって、眉だって凄く注意して描かれていて、凄く愛を感じました。


冬休みが終わって、子供が学校や保育所に行ったら……。
出来たらもう一度、行きたいです。家族が居るとなかなか自由にはならないのだけど、これはちょっと頑張って行きたい。


さて、そんなこんなで今年も色々ありました。大切なものを再確認することも出来ました。
こぼれ落ちてゆく時間、この一瞬一瞬を精一杯頑張っていきたいです。

このブログに立ち寄って下さった皆様、拍手やコメント下さった方々、有難うございました。
どうか良いお年をお迎え下さい。

そして、また来年も宜しくお願い致します。




拍手[0回]

PR
毎日、『ワタル』にどっぷり浸かっていて異様にテンション高い今日この頃(^_^;)
普通の記事も書こうと書き掛けているのに、手はツイッタ―やらファンサイトに向かってしまうのでもうダメです(←諦めた)。

芦田豊雄回顧展、ホントにゴージャス過ぎて、ときめきが止まらない〜??

初日は、田中真弓さんがお客様をお出迎えとか羨まし過ぎて泣ける。二会場とも初日に足を運んで下さったなんて、真弓さんの情の深さを感じます(TДT)
賑わっている様子や制作サイドの熱意が伝わり、早く見に行きたくて落ち着きません。
あぁ、どこでもドアがあったら毎日行くのに!!

それに、どうやら新しい書籍も企画されているという発表があって、嬉しくてどうにかなりそうです。
もう、この作品は動きが無いだろうなと思えるくらい年月が経っていましたからね。

でも芦田さん、闘病中なのに対談やら表紙絵やらの仕事をこなしていたのかと思うと…。
やっぱり、子供達に良い作品をと心血を注いで来たプロ魂なんだろうな。「ワタル」はそんな芦田さんの魂が籠った素晴らしい作品なんだと、感動。

「魔神英雄伝ワタル 創世伝記」制作進行中!(新紀元社編集部のブログ) 


今日は、我が子達と一緒に『ワタル2』終盤から『終わりなき〜』までを一気に見ました。
まぁ、このへんになってくるとシリアス過ぎて子供向きでは無いかもしれませんが、緊張感は楽しめたようです。

『ワタル』は見ている間は、「負けるもんか!」「あきらめないぞ」という勇気を貰って、見終わる頃には「さよなら、またね」と切なくなる不思議な情緒がある作品だなぁと改めて感じました。

子供達は最終回を見ると、すぐに続きを見たがります。この切ない終わり方で留まれず、すぐに再会したくなるようです。

そして、子供と見てると着眼点が面白かった(*^_^*)

愛シリーズ・ワタル編「輝く明日に向かって」という話で、龍の化け物みたいなのが口から黄緑色のブレス(?)を吐いて攻撃してくるシーンがあるのですが。
それを見た ひかたん(3才・次男)がポツリと漏らした言葉がケッサクでした。

「……からし」

もう、みんなで爆笑してしまった?

あれ、からしなの!? どっちかっていうとワサビみたいな色だけどね(笑)
もしかして、カレーパンマンの激辛カレー攻撃みたいなのを想像したのかな〜?(カレーパンマンは口からカレーを吹くのです)


私は今、通勤中に『3』を聴いています。明日には、全部聴き終わりそう。序盤はかなり基礎を踏んでいて面白いけど、後半の昼ドラ展開はちょっとクサ過ぎて笑える(爆)




拍手[0回]


興味の無い方には全く分からない、マニアな話でスミマセン。

『芦田豊雄回顧展』いよいよ開催間近になって、もうドッキドキ??です!!
素敵なバナーも出来ていたので、早速ぺたり。




あぁもう、役者さん達や交友のあった方などからもメッセージが沢山届いているようだし、
豪華過ぎるイベント間違いなしでしょう!

絶対、行くしかないよこれはっっ!!

私は、30日に友人と行く予定ですので、大勢いらっしゃるであろうワタルファンの方とガッツリお話させて頂けたらと思います。
私はワタル初代の頃からのファンですが、『ミンキーモモ』『グランゾート』『トンデケマン』『ガリバーボーイ』なども見ていました〜。

原画を見たら、嬉しいわ懐かしいわ悲しいわで泣いちゃうかも……


最近は、ワタルシリーズを再視聴するのに忙しい私です。
改めて、作品群の多さにビックリですよ(^_^;) 殆ど忘れている話も多くて(十数年も経ってりゃなぁ)、新たな気持ちで視聴しています。

ただ、どの作品から見たり聴いたりしてるかを考えると、自分の好みが分かってちょっと面白いです。

不動の名作『ワタル1』⇒『終わりなき』⇒『超ワタ(炎部のみ)』⇒『ぼく虎』⇒『虎伝』⇒『PS版アナステ』⇒『ワタル2』⇒『ワタル4』⇒『ピュアヒミ』⇒『星界山ロケハン物語』⇒『ワタル3』…

今、『ワタル3』を通勤中に聴いているところです。こうして見ると『3』は、随分順位が低いような?(^_^;)
いや、序盤とかノーザンとかは面白いんだけど、虎王の洗脳ネタはあまり好きではないみたいです。
そんな理由で、『超』の後半も見るのが辛かったなぁ。


この次は超のドラマCD『翼剣』が聴きたい。これは、TV版より好きだった。
やっぱりワタルは「ハッキシ言っておもしろカッコイイ世界のヒーロー〜」って感じがするのが一番好きです。
でも、井内ワールドのワタルみたいな、強さの中の深層の弱さを晒す姿も楽しめるけど(笑)


『2』は今見ると微妙な感じですね。当時は放映してるだけで嬉しくて、そうは感じなかったのですが。
テンポが悪いというか……前半ダラダラ、後半詰め過ぎという感じ。

『1』は夢中で見てた子供達が、『2』見せてたら第三星界あたりで「飽きた!」と言い出しましたからね……。
子らは、やっと超ファイト編の頭あたりまで見た所で止まってます。
あの後、重苦しい展開になる訳だけど、子供はどういう反応するのかな?


私的には、シバラク先生の株が上昇中。あの包容力、お茶目で渋い二面性。
実はジャンケンが強いのにわざと弱い演技(実力を隠している&子供相手に負けてあげる)をしているのではないだろうか? と考えるとカッコイイ!!

先生の魅力が分かってくるのは、年取った証拠かもしれないですね(笑)


ブログもイラスト倉庫の方もパチパチ有難うございます!!




拍手[0回]

…久々に聞いてみた。
年齢制限のないドラマCD(全3巻)なのですが、ショタBLCDを聴いてる気分になりました(爆)

タイトルからして、「何この同人誌!?」という感じで、発売前からお姉さま方を騒がせたCDだったりする。
公式からこんなの出しちゃって良いのか?? カントクの所為で、道を踏み外した女子は多いと思う。


そして公式はワタ×虎なのか、虎×ワタなのか悩む所(苦笑)


何度聴いても、あの世界観の恥ずかしさに悶え転げまわること数えきれない程のものです。
小説『虎王伝説』が先に出て、更に追い打ちを掛けるかの如く、やたらと熱い友愛設定の後付け。


旅の途中で輪廻の輪を切ってしまった二人が手にする、銀色の輪二つ。
愛する者と引き裂かれる運命とやらに抗い、いつか元通りに繋ぐ時までそれぞれリングを持つ事に…。

どう考えても、約束のリンク⇒エンゲージリングだろこれ…という(←ゴロゴロポイント)

六道魔人の問い掛けも物凄くアレ過ぎます。「その唇は誰のもの?」「その身体は誰のもの?」って、
シリアスなシーンなのにエロ過ぎて吹く(爆)
ワザとなのか? それとも腐り具合を見分ける踏み絵的なものなのか!?

2巻なんか、痴話ゲンカに巻き込まれる海火子…可哀想(^_^;)
どんだけ独占欲強いのか、虎王様は。(更にゴロゴロ)

そして、次に会う時には決定的な別れが来るという運命を知りつつ、今また虎王に別れを告げるワタルが とことん切ない3巻。
真弓さんの抑えた泣きの演技は、あまり知られていないと思うのですが、これまた神の領域だと思います。

豪快なルフィ役の演技とは、また違った魅力なのですよね。
こういうシリアスな役どころは、ご本人はあまり好みではないようですが、上手いんだからもっと聴かせて欲しいです。
この種の演技というと、『ゴーグ』とか『銀/河/鉄/道/の/夜』とか『ラピュタ』とかでしょうか。


どうでも良いのですが、聖龍妃様の「(例え離れていても)見えない力で虎王を助ける事が出来るのです。それがあなたと虎王を繋ぐリンクなのです。」という台詞で。

B'zの『ミエナイチカラ』が回ってしまいましたよ。

♪見えない力で 誰もが強く繋がっている 何もたいしたことじゃないよ そばに居ても離れていても♪
♪愛する友の言葉を ぼくは忘れない♪ってフレーズもあるし。


いや、とにかく凄かった。
このまま、『ラジメーション・虎王物語』も聴くか……。

 
  


拍手有難うございます♪ 以下、お返事です。

11/16 15:05 C様

コメントを有難うございます。ウチの息子の方は、突然の手術に戸惑ったものの、早くに退院できたので良かったです。
下の子を預かってくれる身内もいて、改めて有難みを感じました。

C様も、大変でしたね。頑張りましたね。
この生きている一分一秒が、掛け替えのないもので、精一杯出来ることを悔いなくやろう……と私自身が思うこの頃です。
例え今が健康でも、何時どんな災難が起きて命尽きる事になるかなんて誰にも分からないですものね。

そんな貴重な時間を割いて、私に係わって下さる方々にも感謝の思いで過ごしたいものです。
“おまえが俺の生きた証”なんて、カッチョイイ台詞を言えたらなぁ…と密かに目論んでおります(笑)
それはさておき。
どんな時も、他人の心配までして下さるC様はとても素敵な方だと思うのですよ。
これからも陰ながら応援しておりますね。


拍手[0回]

まだまだ、ワタル祭り中です。何故だか無性に炎部ワタルが見たくなって、その辺だけ見ました。
なんて欲望に忠実な(笑)

確か、10周年記念だったこの作品。自分の中では微妙な位置付けです(-_-;)
本放送の頃は勤めに出ていた身だったので、必ずしもリアルタイムでは見られなかったですね…。
でも、折角撮ったビデオも一回見ただけだったように思います。しかも後半は色々耐えながら(爆)

シナリオ・設定・作画の大崩壊が、かなり厳しかった思い出が_| ̄|○ il||li

先日注文した「ワタル・メモリアル」が届いたので、井内監督のコメントをやっと読んだのですが。

やっぱり、『超』は辛かったようですね。ワタルの成長物語は描き切っちゃったし、虎王の記憶喪失ネタとか、すでに『3』でやった後だったし、流石に連続でアイディア湧かないよね。

シナリオからして苦悩を感じられるのだから、スケジュールもギリギリだっただろうし、
作画が乱れてもしょうがなかったのかなぁ。

作画の方は、丁度アナログ(セル画)とデジタルの過渡期だったんですよね。中途半端なデジタルより、アナログで勝負と言っていた『超』ですが。

結果、無理があったようで、最後は半端なデジタルもありましたね。
あぁ、今の時代だったらデジタルで綺麗な作画が見られるかもしれない。井内監督も、充電期間を経て今なら出来ると仰っているのに。

なんとか、リメイクされないかなぁ。

『超』だけがDVD化されていない訳ですが、あのレベルのままでは、商品化も難しいでしょうね。
で、手に入らないとなると、何故か見たくなるのが人の心。

全然見ていなかったけど、ビデオでも引っ張り出すか~…と思ったら、何故か炎部くんの辺り、第3~第5界層ぐらいのテープしか見つからないorz
こればっかりは、LDもバラバラに半分程集めているだけで完全ではないし。うわー、なんか気になる!

今更では、LD集めるのも困難かもしれない……。

また、昔絵晒し。


超ワタ.jpg


『超』のコスチュームは ひらひら半袖と半ズボン。あからさまに“大きいお友達”がターゲットだったように思えてなんか妙に恥ずかしかったのは、大人になった自分が腐っていたせいでしょうか??
芦田先生……(^_^;)


炎×戦.jpg


ワタル君 至上主義なもので、ワタル×ワタルのツーショットはパラダイスでした(笑)
どの時代の救世主も同じ姿で同じ声なんですかね。
でも一万年前だけ、戦部一族に男児が生まれなくて、炎部一族から救世主が選ばれた…らしい?



アナザーステップがプレイしたくなってきた!!

うずうず。



あと年末の忙しい時期だけど、これ行きたい…。

芦田豊雄 回顧展

拍手有難うございます!!

拍手[0回]


途中から腐語り注意です。


十数年ぶりに『ワタル1』の全話鑑賞しました。
やっぱり、良いもんは古くなっても変わらないなぁと改めて感じます。……ファン歴22年か。
『FF7』もそうですが、子供と一緒に見て「面白いね!」と言い合う日が来るとは思わなかった(^_^;)

「続きがもっと見たい!」と言う子供達は、とりあえず「また今度」と寝かせて。
『2』よりも、突然『終わりなき時の物語』が見たくなった私は、夜中にコッソリ鑑賞していました。


『1』とのギャップが激しい同人展開に笑いました(爆)
やっぱり偉大だ、井内カントク!! ……腐女子生産工場長なのカモシレ―ヌ。

なんで、どうしてこうも虎王とワタルは熱く切ない関係なんでしょう。ただの“トモダチ”には見えん。
虎王が余りに不安定な存在なんですよね。
一つの器(身体)に、二つの魂(虎王と翔龍子)。もともと虎王は忌むべき存在であり影であり。

だからどうしても生き別れというか、死に別れというか……それでいて時空を超えた超遠距離恋愛でもあるような。
何度も別れては再会するという。

いつ会えるか分からない、もう二度と逢えないかもしれない。というのは燃えますね。

虎ワタといい、ザックラといい、つくづくこんなトモダチ関係に弱いんだ私。
というか、ワタルがルーツなんだと再認識しました。

あと、ワタル君の凄いところは、必ず“一作品、一女装”する所。
こんなに主人公に毎回女装させるのは、どんな陰謀なのか(笑)

わんこの姿も割と変身させられやすいので、この子も犬のように一途な性格なのかなぁと妄想。わんこ好きにはたまらんです。


『終わりなき~』を見ていて、発見がもう一つ。

いい大人である四天龍王(CV.森川さん)が、ワタル(小学生)の頬を 馬用のムチでひっぱたき

「図に乗るな!!」

と言い放つのですよ。ドSなセフィロスのルーツがここに!!(違)

…なんだかんだその後、デレる四天龍王なのですが。何、このドSでツンデレの人!?


と、まぁ久々に一人で盛り上がっていました(痛い人)
しばらくは、一人ワタル祭りが続きそうです。

昔描いた絵を引っ張り出して、鉛筆画に一部色を付けました。
クラウドの髪型が割と描きやすいのは、この子らの髪型に似てるからだと思う。

当時はこれが奇抜な髪型だと笑っていましたが、今のアニメはありえへん髪型だらけで(遊戯王ゼアルなんて、兜頭…)
このくらいのツンツン頭なんて可愛いもんです(^_^;)

終わりなき~ワタル.jpg


しかし、終わりなき~EDのもこもこ髪の毛が揺れるところは笑ってしまう……シリアスな歌なのに。

終わりなき~虎王..jpg


翔龍子は話の都合上、眠らされる場合が多い。この皇子様も可哀想な人だと思うのです。
別人格の自分の方が周囲の人間と親しくて。翔龍子に戻ると、ワタルに寂しげに見つめられたりして。


拍手ありがとうございます!! まだワタルを知っている方が結構いらっしゃるようで嬉しいです

拍手[0回]


最近、LDから地道にブルーレイに移す作業をしているのですが。
我が子達と『ワタル』の鑑賞中です。
今日なんて、連続20話くらい見てしまった……。本編だけ見れば約20分だから6時間40分位か(^_^;)

もう3才から9才までの子らが、食い入るように見ているんですよ。

私が、途中で「休もうよ~、終わりにしようよ~」と言うと
『え~!! もっと見たい~続きが気になる!!』と中々止められません。
私も見出すと、結構細かい部分は忘れていて一緒に楽しんでしまいました。

何とも、ギャグとシリアスが絶妙な具合で、本当に“おもしろカッコイイ”というキャッチフレーズの通りなんですよね。
何度見ても、いつの時代に見ても面白い、王道・不変のテーマな作品なので見ていて気持ち良いです。

身近に感じられる普通の小学生のワタルが、一つずつ困難を乗り越えて成長する物語。
愛と勇気と友情と。

敵が味方になったり、主人公のロボットが物語の半ばで倒れてからパワーアップとか、かなりお約束の展開なのに見せ方が上手くて惹きつけられます。
話は分かっているのに、うっかり感情移入してこっそり涙を拭きながら見ていました。

龍神丸との親子のような絆。シバラク先生との師弟の絆。ヒミコとは兄妹のような絆。クラマとの仲間を信じる絆。そして、虎王との友情の絆。
そんなワタルを取り巻く全てのキャラクターがまた、大切な心を教えてくれるような気がします。


ギャグの方は、パロディが多くて物凄く時代を感じさせるのですが、現代っ子でも面白いものは面白いようです。

ワタルの『とびます とびます』は、3人ともかなりウケていました(笑)
“コント55号”なんて分かる子は居ないよなぁ。坂上二郎さん、今年お亡くなりになられたんですよね……寂しいです。

あと、「みりんと10回言って見て」と相手に言わせた後、「鼻のなが~い動物は?」と聞くと「みりん」と答えてしまう…。
というのは、その放映当時にやたら流行っていたのを思い出しました。懐かしい。

小山高生さんが脚本をやっているので、タイムボカンシリーズやアラレちゃんの雰囲気もありますね。
ヒミコがガッチャマンの格好をしたりなぁ。というのは、かなりマニアックな見方ですが。


……明日、後半の物語もまとめて見てしまいそうな勢いです。


その昔、これの為にPCエンジンを買ってプレイしたことがあるのですが、ラスボス(?)のガッタイダーが倒せなくて未クリアのまま。エンディングを見た事のある人が居たら、教えて欲しい……。

ファミコン版とPS版の超ワタならクリア出来たのですが、これは無理ゲー過ぎだったorz



……と思ったら、凄い早さでクリアした動画を発見!! これ凄い…、ジャンプがかなり難しいゲームなのに。ラスボスはバグ技があるらしいですね。EDのしょぼさに微妙な気持ちになりました。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]