忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅くなりましたが、わかばさんよりバトンを頂いてますvv ありがとうございます!!

これは……、必要以上に暑苦しい回答になりそうです(;´∀`)
逸るトキメキ、乙女心(笑)を抑えつつ……


『CPバトン』


★今まで夢中になったCPを7つ挙げて下さい。

あまり浮気しないタイプ(?)なので、以外と少なく、頑張って7つ探しました。
一人一人をなが~~く、愛する私です。

・高畑&魔美 (エスパー魔美)
一般人と異能力者の関係。
藤子不二雄先生の作品の中では、主人公の年齢が高い方です。
アニメ放映時、魔美ちゃんと同い年でした(;´∀`)
お節介でおっちょこちょいの魔美と、頭脳明晰で優しく、勇気のある高畑さんが大好きです。
友達以上、恋人未満な2人にドキドキしてました。
BJ同様に内容の質が高い作品なので、オススメです。




・虎王×ワタル(魔神英雄伝ワタル)
魔界皇子と天界の救世主という敵対関係にありながら、互いに素性を知らないまま、
友達になってしまう…。
子供向けでありながら、『ショタコン』を世のお姉様方に浸透させた、素晴らしい作品です(笑)

 魔神英雄伝ワタルめもりあるぶっく
↑久々にチェックしたら、こんなの出てた!? 買わなきゃ!!

 
・ザックス×クラウド(ファイナルファンタジー7)
ソルジャークラス1st(上官)と、唯の一般兵(でも主人公)のCP。
身分を気にさせない気配りが出来て、さらに男前な性格のザックス。
見た目綺麗系、強がっているフリして、寂しがりやのクラウド。
この2人は特に飽きません。
ザックスがクラウドを庇って、守り抜いて………最後は(TдT)
悲恋も好きですが、やはり脳内では、何時までも、幸せな2人でいます。

ファイナルファンタジー7 プレイアーツ クラウド・ストライフ (スクウェアエニックス) 【予約... ←ザックスは、まだ出ないの?(´・ω・`)



・カヲル×シンジ(エヴァンゲリオン)
やはり使徒(人類の敵?)と人(救世主)という敵対関係にありながら、友情を…(以下略)
時代に流され、熱病の様にハマったCP。


新世紀エヴァンゲリオン シンジ&カヲル 制服Ver. 1/8 PVC塗装済完成品フィギュア (コトブキヤ)
↑ウチには、ガシャポンにアニメカラーで手塗りした、プラグスーツの2人が居ます(爆)


・サルサ×健人(WILD HALF)
獣人族で人間に変身する飼い犬と飼い主。
健人が主人なんだけど、独占欲が強いクセに、ツンデレな犬に振り回されるという(笑)
人型のサルサと健人の体格差といい、互いに情を寄せ合うシーンといい、
少年誌なのに驚く程ホモくさい作品。
でも、余りに同人誌が少なく、自分で本作っちゃったのは、若気の至り(;´∀`)




・キリ×トナミ(WEST END)
原作がBLです。やはり飼い主(人間)と奴隷(人造人間)の関係。
健気過ぎるトナミの献身に、次第にほだされていくキリという過程が、物凄く好きです。
  ドラマCD WEST END5


・BJ×ピノコ(ブラック・ジャック)
“互いにとって闇を照らす光”であること、を強く感じられるCPです。
単純に、○○関係と型に嵌められない所が好きです。まだまだ研究中。




一番上以外、BLだったり、ロリショタだったり(滝汗)
しかも、傾向としては。敵対関係・主従関係・身分違い・異種族関係…
なのにトモダチ。こうして見ると死に別れるCPも多いなぁ(;><)

存在自体が儚く、今にも消えそうな相手なのに、惹かれあう気持ちが止められない。
ってストーリーに、非常に憧れます。
障害が多く、悲恋要素が強い程、『幸せになってーー!!』と応援したくなるようです。

 
★特に思い入れがあるCPは?

そりゃあ、虎ワタです(ハマって15年以上経過。CD40枚以上、蔵書1000冊近くあり)。

敵同士から、背中を預けられる仲にまで、なるのですが。
虎王の人格は天界の皇子の中に封印、という悲しい運命。
同じ顔が「知らぬ」と言う訳ですよ。
皇子と異界の人間では、当然身分も違うし。
時々、虎王が現れたりするのですが、存在が危うい。
時や世界を超えて遠距離恋愛だったり、何時会えるかすら分からない。
そんな、悲恋要素タップリなCPです。

中華・和風ファンタジーで、世界観も凄く綺麗なんですよ。
散り行く桜も切なく、象徴的に使われていて…そんな訳で私のP.Nに桜が入っています。


★一番最初に好きになったCPは?

高畑&魔美かなぁ。同時期くらいに虎ワタなんですが。

★一番熱いCPは?

今の一番は、ジャピノですが。
(その他も、原作に触れたり、同人誌を読み返す度に再燃してます。)
最近、アニメ版BJが、時間的になかなか見られないので、エネルギー切れ気味です
(´Д⊂ヽ
夏コミの新刊読めば、もっと面白い事、書けそうなんですけどね……。


★次に回す5人

結構出回っているようですし、またまたストップで。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

これでも、かなり抑えて書きました(苦笑)
好きな事については、とことん語り出してしまいますね。

とっても楽しかったです。有難う御座いました!!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
素敵CPがいっぱい!
こんにちは。バトンキャッチありがとうございます。
熱い語りを楽しく拝見しました。

正直、かろうじて「エスパー魔美」という名前を知っているだけで、「FF」にも「エヴァ」にもとうとう縁がなかった私ですが、こうして画像まで入れて解説してくださったのを見ると、どのCPも面白そうです。

CPの傾向もホント幅広いですね。こうしてつらつらと拝見していて思ったのは、アタリマエの全て順調に進む恋愛は傍から見てたいして面白くないものなんだろうな、と。何らかの障害があって、それでも惹かれあう二人というのは、見ていて確かに応援したくなりますもんね。わかります。まぁ当事者同士は大変でしょうが(笑)。

虎ワタ、蔵書1000冊とは凄いですね~!!雪乃さんの情熱のほどが窺えます。へぇ~なるほど、「桜」はそこから取られたのですね。

BJとピノコについては、まさに“互いにとって闇を照らす光”でしょうね。ピノコ→BJは特にそうでしょう。半分闇の世界に身を置くBJの元に降臨したピノコは、生命そのものとか太陽とか光とかの象徴のように思います。BJの掌中の珠ですよね。反面、それはBJの弱点でもあるので、そこで起きるドラマが面白かったりしますよね。ピノコを人質に取られたら、先生限りなく弱いですもん(笑)。
や、すみません。BJピノコしか判るCPがないもので長々と書いてしまいました。

逸るトキメキ乙女心全開のご回答、大いに楽しませていただきました~~♪
わかば 2007/08/31(Fri)18:57 編集
独りよがりの楽しみで。
こんばんは。早速コメント頂き、有難う御座います。

こういうのは、一人一人の胸の宝石箱にしまってあるものなので、掘り起こしてみても、「自分だけが楽しいかなぁ」と思いながら書きました。少しでも面白そうと伝われば、幸いです。

CPにおいても、ストーリー構成にしても、穏やかな話が売れないのは確かですね(笑)
手塚先生が「“実はアトムは生きてた”という続きを描いたら、全然受けなくって…」なんて仰っていましたが、そんなもんなんでしょう。

BJとピノコについては、わかばさんの書かれた通りなのですが。ピノコ視点で見ても、BJが弱点になってしまうのが面白いですよね。『先生の指が吹っ飛ばされる』と思えば、居ても立ってもいられず、無謀な行動に出たり。力は無くても、対等な立場で、BJを守ろうとする所が良いのです。
辛いリハビリを乗り越え、自分の為に生を楽しんでも良いはずなのに。
あっさりその命をBJの為になげうつ事を厭わないピノコが、健気で好きです。

などと、こんな所で私も熱く語ってしまいました(汗)
素敵なコメント有難う御座いました!!
らぶりーたいちん URL 2007/08/31(Fri)21:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]