忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更ながら、観ました。(…某所で)
噂通り、良い出来でテンション上がりまくりです(;゚∀゚)=3 期待以上に面白かった!!

とにかく萌えた!! 悶えた!! 笑った!! ……ちょっぴり泣いた(苦笑)

はぁ~、これ買いたいけど入手困難なのかしら~。
『二人の黒い医者』も観たい~。キリピノ~。

↓と、思ってたら、楽天で売ってたや(爆)

   手塚治虫の同名コミックをオリジナル・ビデオでシリーズ化!
DVD未発売。■ブラック・ジャック<...




やはり、隆BJのオールバック(っていうか、生え際ヤバイ)な髪型は、ちょっと……
愛ある眼差しで見なければいけませんね(爆)
前髪モサモサ…欲しいな、やっぱりorz
でも、この人の醸し出す雰囲気とか、上背とか、声の渋さとか…かなり良いです。
何より、ピノコに接する時の甘さが、たまらん。
実写だから、より“お父さん”っぽいですけどね。
髪や頬を、愛おしそうに撫でる仕草とか、名を呼ぶ声の柔らかさとか…
非常に萌えましたっっ。

そして、ピノコ。
この子、かっかっかっかっかっかっかっ可愛いぃっっっ!!!(落ち着け)
めちゃくちゃ演技上手ーーーっっ。ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ――(゚∀゚)――!!(壊)


――しばらくおまちください――


ストーリーは、『畸形嚢種』『ピノコ愛してる』『ピノコ再び』『ピノコ生きてる』『ピノコ・ラブストーリー』を絶妙に繋いでいますね。ジャピノ・ストーリーの良いとこ取り!
特に、養女に出した後にピノコのラブレターがBJの元に届く…という展開が非常に好きです。淋しさ倍増のBJの背中が素敵。

オリジナル展開は、ピノコの命が狙われるのと、可仁博士の探求欲ゆえの(?)、
ピノコへの妄執ぶり。
写真を愛でる博士の手つきが、なんかイヤダ(爆)
あと、博士のBGMが変過ぎてイヤ(;^ω^)

しかし、その他は本当に原作に忠実過ぎで、所々吹きますね、この作品は(笑)
ストーリーに全く関係なく、最初に登場した馮二斉。
「金は、こうするに限る。」とか遣りながら、メス研いでるし。
これは何の演出?? 雰囲気は出ていて良いけど。画面にヒョウタンツギが出たり、も謎演出(笑)
BJの華麗なメス投げは、カッコ良かった。

嚢種の中身は、その再現性の高さに、ちょっと引きました(汗)
手術シーンも、血が苦手で…うっ。

その他、簡潔に。

笑った所
・ピノコに、手取り足取りリハビリするシーンと言葉を教えるシーン。
・フライパン炎上←慌てて消火するBJ←BJに水をぶっ掛けるピノコ←キレるBJ。ギャグだ…。

悶えた所。
・「キチュしてもいいのよの」「私には愛なんて無意味だっ」のシーン。
・ラストのピノコの夢の中のシーン。BJにお姫様抱っこされながら見詰め合う……。
 なんか観てる方が、恥ずかしくて悶える(汗)

泣いた所。
・家族の温かさに憧れるピノコ。姉に期待を持って面会するも、拒絶されて号泣するシーン。
 泣き方が凄く痛々しくて、それを懸命に抱きしめるBJに(TДT)

・白血病で手術台に寝ているピノコの告白。
 「先生が見て きえいだと思ったや… ピノコとね 結婚ちてくえゆ?」

 原作では明るい表情で言っているのですが。
 実写ピノコの台詞回しは、今にも消え入りそうな、泣き出しそうな声で。
 多くを望まず、命にしがみつかないのが本来のピノコ。
 実写版のピノコは“一緒に生きたい”という感じが伝わってきて泣けました。
 というか、この子が可愛いんですよっ。演技上手いんですよっっ。(結局、それか)


という感じで、久々に突っ走った感じで良かったです。良い萌え原動力を貰いました(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[648]  [647]  [646]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]