忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


※注
激しく女性向けの話題ですので、気分を害される恐れのある方はお戻りください。


ここ最近、忙しかったり、気分が下降気味でどうしたもんだか…と思っていたら、16日に宅配がきました。
自分でも「何か買ったっけ?」と忘れていて、ラベルの『品名 CD3+2』に首を捻っておりました。

暫し悩んで、そういえば『優棘』の発売日が20日だったな…と思い当たりました。
6月に予約したので、忘れる程待たされましたね…。
開けてみると、特典CD含め5枚というボリューム。←他の作品も買った為
当分、楽しめそうです(^_^;)


とりあえず、前々から楽しみにしていた『優棘』の最新作から聞きました。

キャスト
宝生千裕………櫻井孝宏
浅倉梁…………鈴村健一
高階隼人………大川透
神宮司雅臣……千葉進歩  ほか

こちらはサイン色紙応募券が付いているそうです。



以下雑感です。ネタバレにつき、反転でお願いします。

まず原作を読んで知ってはいましたが。
このシリーズの中では、落ち着いたストーリーで、聞いた印象は今までと全然違いました。
淡々と進み過ぎちゃって、少し退屈かな。
話の流れは良く纏まっていたけど、千裕と梁の出番が少ないので心理描写の掘り下げが物足りない感じでした。

でも、相変わらず櫻井さんの演技には聴き惚れてしまいます。時代めいた言いまわしに、苦労されたそうですが、千裕の高潔さが良く表現されていたように思います。
今回は、受け側でしたが、気丈に耐え忍ぶような演技が多かったせいか、壮絶に色っぽいのだけど男らしい感じでした。

原作と少し違って、梁に対する恋心に気付いている点で、執着する攻めっぽい千裕がチラリと感じられます。
その辺は、折角 攻守逆転なんだから、梁の分不相応な片思いの形で前面に出して欲しかったなぁ、という気分。

そして、鈴村さんの攻めとしての演技に物凄く期待していた訳ですが……。
何といっても甘いシーンが少ないせいなのか、何なのか。イマイチ、攻め手に掛ける印象でした。
もっと低音ボイスで来ると思っていたのですが、どうやら今までのシリーズの梁が落ち着いた位な感じです。
基本は変わらないんですね…両方喘いじゃってて、どっちがどっちだかという(苦笑)

あと、少年時代の二人がめっちゃ可愛くて和みました。
千裕「次は何して遊ぶ?」
梁 「千裕のしたいこと♪」

って所、狙い過ぎ、と思いつつ悶えました。

今回重きを置かれていたのは高階に組み敷かれる千裕の構図、だろうから見せ場を持っていかれるのは仕方ないのかなぁ。
それにしても、こちらは声がルー×クラという、凄いCP(爆)
大川さんの演技、すっごく いやらしかった…。流石。
でも、オマケの現代版の方では、はじけたキャラで爆笑。

そして、神宮寺の方は、今までとガラリと変わった好青年ぶりで少しつまらなかったなぁ。
千葉さんのはじけた演技も聞きたかったです。


以上、纏まりのない感想でした。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[162]  [161]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [173]  [174
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]