忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私も、訳が分からずただ嘆いていた訳ですが。「二学期制とは、なんぞや?」と今更ながらに調べてみました(^_^;)

Wikiで見ると、

「2学期制を導入している学校は増加傾向で、2009年には、公立の小学校で4668校(21.8%)、中学校で2284校(23%)と公立小中学校の5校に1校は2学期制を導入しており、2004年と比べると2倍以上の公立小中学校が導入している」
とのこと。小学校は21.8%…我が母校もこれに入ってるんですね。

また、
「始業式・終業式・評価業務が各1回ずつ減り、年間授業総時数が増え、従来より時数に余裕を生ませる事ができる」
というメリットが目に付きます。

短い三学期を評価する時間が勿体ないというのは、理解出来ます。
でも、三学期を無くしたからといって、今の学校で、授業を進めるのにゆとりが出来たとは考えにくいのは気のせいか…。

秋休みがあったって、それを埋め合わせる授業時間があれば良いと思います。

しかし!!

しかしですよ。

今年の年間予定表を調べてみました。

すると、休みは163日でした。授業日数は202日で、その内、短縮日課(半日)は23日ですよ!!
一年の内、1/2に迫る勢いで休日が増えたと言っても過言ではないような……。

「これって休み多過ぎない!?」と思うのは、6日制で育った古い頭だからでしょうか。

秋休みの分、他の季節の休みが少ないという訳ではないのです。夏休みなんて45日ありました。
長過ぎて子供を持てあます_| ̄|○ il||li
同県他市の3学期制の学校より、一週間早く夏休みに入り、一日早く夏休みが終わりました。理解出来ない。
その上、更に秋休みですよ?
「なんで子供が平日に家に居るの?」と、お客様に驚かれました。

春夏秋冬に休みがあるわけです。子供にとっては、パラダイスなのかな?
これって良いのか、悪いのか…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [173]  [174]  [172]  [171]  [170
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]