忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は、たいちん(6才・長男)の授業参観で、ひかたん(0才・次男)を2時間おぶい続ける修行をしたのでクタクタでした…。


それは置いといて。

医療漫画『ゴッドハンド輝』で、何話だったか忘れたけど主人公の医者・輝が器械出しの猛練習をする話があった。
それを見て、改めてピノコって凄いな…と思った件について。
いや、『どっちも漫画でしょ』というツッコミは無しの方向でお願いします(^_^;)

実際、器械出しって相当修練が必要らしいです。
【器械出し】…術野に集中しなければならない外科医の手に、正確に手術器具を渡す仕事。

器械の名前を覚えるだけでもかなりの量だし、術式に合わせて次に何を使うか予測も出来ていなければスムーズに渡せないという。
術者のスピードやリズムに合わせて、また正しい角度で渡さなければならないわけで。

それを考えると、ゴッドハンドの領域と思われるBJのスピードに合わせて器械出しするピノコもまた、天才なのではないか?
いや、天才というか、きっと並々ならぬ努力があったのではないかと思うと泣けてくる(泣くんだ…)。

(ここから妄想)

ピノコは、与えられた作り物の身体を思うように動かす事から試練だった。
ようやく身体を動かせるようになって、BJの役に立とうと炊事・洗濯・掃除を頑張っていた所に…
「邪魔なんだ」
と言われ、養女に出されてしまうピノコ。

わざと諦めさせる為とはいえ、“邪魔”というのはピノコにとってかなり残酷な言葉なのではないかな。
多分姉の身体に居た時に、散々聞かされていた言葉だろう。
“存在しても良い”と唯一認めてくれた相手に、言われるのは相当重い筈。

そして、再びBJの元へ帰るきっかけになったのが、器械出しだった。
この時から、BJの助手を務める事が、ピノコにとっての存在意義そのものになってしまったように思う。
邪魔にはならないよう、力の限りを注いで役立てるよう、小さい身体のハンデも乗り越え努力するピノコが本当に健気で愛しい。

その努力があって、あのBJに「すばらしい助手」「最高の妻」と言わしめるのだろうな。

(妄想終わり(^_^;))

でも『ピノコ・ラブストーリー』をよく見ると、メス…刃の方を向けて渡してる!!(爆)
あ・危ない(;・∀・)
他の話は調べていないですが、きっとこんな渡し方は初期だけだろうという事にしておきます(^_^;)

あと、器械出しと外回り(汗拭きなど)の仕事って、本当は同じ人(手)がやっちゃいけないんだよね?
器具を渡す手が汚れる…
この場合、手袋を代えるとかすればいいのだろうか……?。


ピノコが目指す女医さんの世界。現役の方のお話を読むとなかなか興味深いです。

器械出しのお話→夢見るかえる
 
蛇杖の館 (BGM有り・音量注意)
こちらは裏話が面白いです。でも一番下の「医療崩壊」の項目は、考えさせられます。
自分の事しか考えてない人が増えてるなぁ…と。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [490]  [489]  [488
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]