忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当時はお腹いっぱいで購入する気が起きなかった、関連書籍を
最近集めて読みまくってます(∀`*ゞ)


このガイドブック2冊が、読み応えがあってお気に入り♪
高田先生のインタビューとか、辻谷さん&林原さんの対談とかが興味深い。
メインキャスト続投で、再度アニメ化してくれないかなぁぁぁぁ。お二人の声が好き過ぎて。
ベナレスの大塚さんも渋カッコ良くて好きだ!!
(で、好きになると、思わずその方受けのBLCDを買いたくなる自分…。辻谷さん、どうしよう。)

小説も全部買ってみたけど、ちょっと読んだだけで(ノ∀`)アチャーな感じの出来(苦笑)
短編集は完全キャラ崩壊ですわ…。同人誌の方がまだキャラ掴んでるだろ。と、文句言いつつ、これはこれで一応読みますけどね(^_^;)

吸精公主の攻略本も今更買ったよ。
多分、一回しかプレイしてないから、分岐とか知らんかった(爆)


emoji第9話emoji

さて、幻獣の続き。
舞鬼さんが随分凛々しい表情になってきたなぁと思う今日この頃。本編の時は、もっと"きゅるるん"な感じ(←どんなや)だったと思うけど。
そして、圧倒的に女子が多いサザンの中で(八雲ハーレム)、ノルマルテ君みたいなタイプ(インテリ眼鏡・イケメン)の男子が珍しくて新鮮。

パイは番外編と比べると、後ろ髪を纏めているのもあって、大人びて見えますね。
何も考えてない風で、実は色々考えてるんだろうな…というのが、本編の頃からありましたが。

パイや八雲は見た目は変化しないかもしれないけど、精神年齢は上がっているから、落ち着きが出てる感じ?
一つ気になる点は、外伝以降パイが「ヤクモ」と呼ばなくなったことかな。
日本語が上達したんだろうか…パイ独特の甘えた言いまわしが好きだったのになぁ(林原声で脳内再生されます)。
三只眼との差別化にもなってたし。

無邪気に八雲に甘えてたパイが、今や対等に支えとなって八雲を心配して。
また、一番に心を占める存在になれなくて、切なげに表情を歪めるところなんか、もうただの女になっちゃった感じで複雑です。
女神のように博愛なパイも好きですが、これほどまでに一人の男に心奪われる様子もまた良いかなとも思ったり。

その話を聞いている、セッちゃんまで切ない表情をするので、幼くても女の子ですね。

八雲側もベナレス側も大きな目的は無くなって、安寧とした世界に生きてると、物足りなくはなるかもなぁ。
八雲とパイは、人間になって誰からも襲われず二人で生きていく事を目指していたわけだから、こちらは予定とは違うけど大体達成したんだよね。
これから果てしない時の流れに身を置きながら、目的も無く生きていくというのはどうなんだろう…?

終着地点の見えない生って辛いだろうな。

『ぬ~べ~』の方では、鵺野先生が「人間として限りある命を生きたい」と言ってるので、
鵺野夫婦には、この先に哀しい別れが決定されてて、これはこれで哀しくも美しい在り方だと思う。

藤井夫婦はどうなっちゃうのかな…。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[927]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922]  [921]  [920]  [919]  [918]  [917
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]