忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



読み終わりました。手塚家をモデルとした育児マンガです。

三分の一はディフォルメ…でも三分の二はリアル。
このバランスが、他の育児マンガと違って面白い作品でした。

どこまでが本当? ここは創作? と考えながら読む不思議さ。
オチの上手さは相変わらずです。
でも、子供の性格や行動はモデルに忠実だったんだろうなぁ。
というと、当人達には迷惑極まりないことだろうと…るみ子さんの後書きからも読み取れるのですが。
親としては、『お前達には、これだけ苦労させられたんだぞ。せめて、大きくなったら、
からかうネタにしてやる。』くらいは思うものです。
手塚先生がそういう意図で書いたわけではない、とは思いますがね(^_^;)

マコトは、怪獣や怪奇ものが好きな所が一風変わっているものの、割と落ち着いていて、キチンとしたお兄ちゃん。
ルミ子は、我がままで、すぐ膨れっ面になるし、頑固で良い男が好き……。
(ピノコの膨れっ面や、面食いの部分は、やはり娘さんがモデルなのかな?)

この兄妹の性格が、ウチの子供達の上下を入れ替えたみたいで、面白い。
ウチの場合、兄の方が自己中で、すぐ膨れっ面になるし、ヤキモチ焼きで。妹の方が、落ち着いてるんですけどね。

しかし年代が違うとはいえ、やっていることは今も昔も一緒で笑えます。
『マコのだ、ルミ子のよ』は、まさに現在、我が家で繰り広げられている光景そのものです。

「また、泣かせたのねっ」
「だって、マコのもんで遊んでるんだもん」
「いいじゃないの、あんたお兄さんでしょ。そのくらい許してやんなさい。」

何でも「俺のだっ」と妹から取り上げて、泣かせる。
それを見ていた母親が、最後には見ていられなくなって兄から取り上げ、「少しくらい、貸してあげなさい」と妹に渡す。
それで泣き出した兄を黙らせようと、「ないしょだぞ、見せるなよ」と別の玩具を与える父親。
でも、悔しいせいか、わざわざ妹に見せびらかし
「いいだろーっ、パパにもらったんだぞ」と意地悪する兄。でまた、妹を泣かすループ。

そっくり同じ(苦笑)
なんでこんな意地悪するのかなぁ、と大人は思うんですけどね。これを見ていて、
「ウチだけじゃなかった!」とつい安堵してしまったり。

あと、手塚先生の変人ぶりも、垣間見れます(^_^;)
「このくらい(二歳)は、何でも覚えるから外国語を覚えさせよう!」までは、今の英才教育ママみたいですが。
買ってきたテープは、スワヒリ語で。
「おれさァ 一度アフリカ行ってみたいから…」って理由で。
そういえば、ピノコもお勉強の時、アクチェチャイーにスワヒリ語の本を置いてましたね(笑)


逆に、時代を感じさせるのは、マンガの立場。
流石、手塚先生の家ではマンガが読み放題で。子供達も幼い頃から、お絵描きとお話を作るのが上手なのですが。
でも、作中で『マンガは低俗なもの』と他人から貶されるシーンが度々出てきます。
手塚先生が、そんな声と戦いながら今の文化を創ったんだろうな、と感じさせられました。

今や、大人も電車の中などで堂々とマンガを読むし、子供の教科書にまでマンガが使われる時代ですからね。
更にマンガのジャンルも細分化して、萌え系だの、BLだの、ロリショタだのの専門マンガ雑誌が出ているのだから、驚きです。
昔じゃ考えられなかったですね。

今は、さして人目の抵抗が無いようなBL誌ですが。(あふれかえる程、ある)
その原点のような「JUNE」誌を、大学近くの本屋さんで買った時の緊張感が忘れられません(笑)
半ば禿げ上がったオジサンが、差し出された雑誌に無言でカバーを掛けてくれた、
あの瞬間(爆)
 
あの緊張感を、マンガが低俗とされる時代には、購入する大人は感じていたんでしょうね。

他にも、面白い所がたくさんあったのですが、書ききれないので、この辺で。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]