忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、足が悪く耳の遠い祖母を、病院に連れて行き診察を受けさせる日でした。
長い待ち時間をやり過ごし、やれやれと帰ってきて。

一息付くか付かないかで、小学校の担任から電話がありました。
電話が掛かってくるとロクな内容じゃないのですが……。
『○○君が、振り向きざまに鉄棒に頭(頭頂部)をぶつけて、コブが出来たので、病院に連れて行く。』という話でした。

私は、「自分でぶつけたのなら、たいした怪我じゃないから、夕方まで置いて欲しい。
医者に行っても、『24時間様子を見て下さい』と言われるだけですから。」と言ったけど。
教頭まで出てきて、『頭だから、直ぐに診て貰った方が良いです。何かあったら…』と
諭される始末。
余り気乗りせず、お任せして、病院で先生と息子と合流しました。

レントゲンを撮って貰い、特に異常も認められず。
やはり、思った通りの説明を受け。息子を学校に連れ帰って貰いました。

男の子は、良くある事なので、豆知識。
頭を打った後は、6時間経つまでが一番注意が必要で、24時間何も変化がなければ
概ね、大丈夫なのです。
脳内出血が少しずつある可能性もあるので、様子を良く見ていろと言われます。
特に、嘔吐、目の動きがおかしい、手足の痺れなどがあったら即病院へ。

今の学校の対応って、ちょっと神経質じゃない? …などと、思ってしまいます。
入学して直ぐの時も、
「○○君が元気がなくって、外で遊ぼうとしないんです。『寒気がするから、迎えに来て』と言っているのですが。」と電話があったんですよ。

何だ何だと思い、連れて帰ったら、何のことは無い、“朝食をしっかり食べてなかった”って事で。食事させたら、元気に遊んでたorz
まだ、学校へ行く時間のリズムが出来てなくて、食欲が無く、私も「食べないと動けなくなるぞ」と言ってはいたのですが。
まさか、それで早退させられるとは思わなんだ。

私が同じ小学校へ通ってた時は、朝礼で倒れる常習で、保健室の常連でしたが(^_^;)
保健室の先生は、何時も
「気持ち悪くても、吐くものないでしょう? 朝ごはん、しっかり食べなさい。」
と言うだけで、早退なんかさせてくれなかったけどなぁ。
鉄棒から落ちる子も結構居た気がするけど、即病院ではなかった気がする……。

今時は、後で何かあったら、うるさい親が多いのでしょうね。
学校の対応が悪かったりすると、ニュースになる時代ですからね。

見極めが難しいのでしょうけど。
以前より、はるかにクラスの人口は減っているのに、目が届かないってどういう事??
一昔前の先生は、一人ずつ、子供の様子を見ていた気がします。その上で、大丈夫かそうでないかを判断してくれていたと思うのです。

保育所も、学校もそうですけど、“責任とれないから、医者に行け”と言うんですよね。
親としては、「その位じゃ……」と思うのですけど、断ると、人非人みたいに思われそうだし(;><)
難しい所です。

それにしても、動き回るとお腹が張るようになってしまった。
来週の健診で言わないとなぁ。
今月、何回様々な病院に通っているのやら( ´Д`)=3

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [584
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]