忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が生意気になってきた大学時代。
父の決め台詞は『お前にいくら(金が)掛かっていると思うんだー!!』だった。

当時、ひたすら勉学に励み、バイトなどする暇も無い忙しさで、社会に出てお金を貰ったことの無い私には何も言い返せなかった。が、無償に腹が立って仕方なかった。
早く就職してお金を稼ぎたい一心で、就職難の中、やっと仕事を見つけお給料を頂ける身になった時、解放されたと思った位。
早速、両親が借金してまで立て替えた学費を全て返済し、生活費を入れるまでになった。

そうなれば、前述の台詞にも遠慮は無い。
『親が子供にお金を掛けるのは義務でしょ。親は20年子供の面倒見ればいいけど、
子供は親の老後を何年見ると思ってんのよ!!』
と返せば、今度は父が黙る番だ。一人きりの娘の、世話になるしかないのだ。
ちなみに何故一人っ子かというのも…『お前一人しか育て上げる費用が無いから、下の子は堕ろした』とまで言われたっけ…。

私は、親の面倒を30年位は見る事になるだろう…と踏んでいたが。
父は、あっさり逝ってしまった。父も親の面倒は見ない運命だったらしいが、自分の面倒も掛けない人だったらしい。

お金、に関して言えば、苦労は多かったけども(^_^;)
「自分のお店(居酒屋)を構える」と言って、その費用は私が出した。○百万単位。
もちろん返ってこない。
入院の度に入院費を立て替えたり、葬式の費用も私だが、これは私が父に掛けていた保険でなんとかなった。

……でもまぁ。
親子間は、お金でどうこうじゃ無いよなぁ、なんて思う。
「家族が困れば助けたい」という当たり前の気持ちと感情で成り立っている関係。
「手助けしたい」と思わないような関係は、もうどうしようもなく哀しい訳で。

……と思いつつ、たいちん(5才・息子)が便器とか浴室とかその他モロモロ、
高額な物を破壊する度に、
『お前の所為で、いくらお金使ったと思ってるんだー!』
と、言っても仕方ないのに言ってしまう自分に気付く(爆)

ああ、親ってそんなもん………。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [634]  [658]  [657
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]