忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し元気が出てきたので、またしょーもない事を考え始めました(^_^;)
ここでいう『同人』とは、アニメ・マンガのパロディ…二次創作(話・絵)という意味です。

原作至上主義の方、イメージを壊すなと憤る方にはご縁の無い話です。
(そもそも、このブログには読みに来ませんよね?)

同人誌や同人サイトが数多く存在するのは(私を含め)、
「こんな展開があったら、面白いな」
「こんな話があっても良いんじゃないの?」
という、各読者の想像を膨らませた結果の作品が、同好の人との交流になっているからですよね。

その中でも、カップリングのある作品は、何故か異常な拘りと勢いがあるものです。
なんでそんなに、キャラを恋愛話に持ち込みたがるのか?


ちょっと脱線しますが、きむらゆういち さんの著書『あらしのよるにー恋愛論ー』
の中に、「生きる=恋をすること」という項目があります。

“人生の本質とは、男女が互いに選びあって種を残すこと。”
“だから、どんなストーリーも、恋愛の要素が入っていないとつまらない。”

という意味の内容に、得心した私です。 


私は女性向けの内容しか知りませんが、やおい・ロリ・ショタ・異種族同士…etc
ちょっと背徳の香りを感じるものが、好まれるように思います。
恋愛未経験の乙女も、恋愛感情が穏やかになった主婦も、燃える様な恋や、初々しい恋を疑似体験したい。

時に乙女は突っ走り過ぎて怖いくらいの、拘りがあったりして(^_^;)

昔聞いた話では。カップリングの「受け」か「攻め」かの相違で、自分と趣向の違うサークルさんの人に、酷い暴言を吐いたり、嫌がらせをしたりする人が居たらしい。(今も?)

嫌なら見なきゃ良いんですが、存在すら許さない勢いで。

『同人』とは、まぁ、そんな激しい一面も感じさせるものです。
それも、そのキャラが大好きな所為なんですよね。
そんな視点で見る、黒男とピノコは……


前置きが長すぎました…orz 後半へ続く。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[734]  [735]  [766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]