忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ADHDっ子、たいちん(7才・長男)のお話。

先日。私がお迎えに行って、駐車場まで歩いて来てしまってから、宿題の漢字ノートを忘れたと言うのです。
「取ってきなさい」と言うと、面倒くさそうにのんびり歩いて取りに行く たいちん。
その背に、「先に まりりん(妹)迎えに行って来るよ~」と声を掛けました。

目を合わせない、返事が無いのは、いつもの事。
例え聞こえて無くても、保育所と学校は近いので、すぐ来られるし…。
普通にその場で待っているだろうと思ったのです。

が、これが大間違いでした。普通じゃないんですよね~_| ̄|○ il||li
また、その日は奇しくも朝にコンサータを飲み忘れていたのです(その所為ばかりではないのですが)。

再び学校に来た私は、何処を探しても たいちんが居ない事に焦りました。
お友達は「とっくに帰ったよ」と教えてくれました。…そんなまさか。
その日はパスモ(ICカード)も持たせていないし、バスじゃ帰れない筈。
もちろん簡単に歩いて帰れる距離ではありません。

もしかしたら、保育所の隣の図書館に居るかもしれない、と思って見に行くも居ない。
すれ違ったかもと思い、また学校へ…

…でも居ない。

校庭、裏山を探し、学童の先生に聞いたり、お友達に聞いたり…
保育所と学校の間を何度も往復して探しました。でも、どこにも居ない。
なんでこんな短時間に居なくなるんだよ~。最悪の事態も頭をよぎる。

車の中では、まりりん(6才・長女)が ひかたん(1才・次男)をあやしながら待っているし。焦る。

一時間ばかり探し続け、途方にくれた私は、まず保育所の先生に息子が来ていないか尋ねてみました。
そうしたら、わざわざ主任先生が近辺を探して下さるとのこと。
有難くもあり、おおごとになっちゃったなぁ~という思いも湧く。
でも、こうなったら学校の先生にも言わない訳には行かないので、職員室に向かい、
訳を話しました。
担任の先生も学校中探して下さいましたが、とにかく居ない。

「○○君は、生活力があるからなぁ。もしかしたら帰っているかも…」と先生。

念のため、職員室で電話を借りて仕事中の主人に電話を掛ける。
「こういう訳で、もしかしたら帰ってるかもしれないから家を見に行って」
と頼みました。

それから更に30分経過。

保育所の方にもう一度、車で移動。駐車場で主任先生と会いました。

そうしたら、「今、家から『帰ってきた』と電話がありました!!」と力強く知らせて下さいました。
「お母さん、良かったですねぇ~。」
先生とホッと息を付いた瞬間でした。


問題のお騒がせ野郎は、なんと一時間半掛けて歩いて帰ったのです。


どうやら、置いていかれたと勘違いした模様_| ̄|○ il||li
わざわざ迎えに行ってやって、置いてくわけないだろうが。
途中、何もなくて本当に良かった。
もし次にはぐれた時は、職員室に行きなさいと言っておきました。

私も、何があっても離れてはいけないと思い知る出来事でした。猛省です。
そんな思いと共に、後日お礼の品を手に、お世話になった先生方に頭を下げて回る私でした(^_^;)

たいちんに関しては、謝って回るのが日常茶飯事です(爆)


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
読みながら……
こちらもドキドキしました。
何はともあれ、たいちん君がご無事だったことに安堵しました。いやぁよかった。最近は物騒ですからねぇ。
お母さまは大変でしょうけれども、将来きっと笑い話になりますよ。
それにしても1時間半も歩いてお家に帰ったたいちん君、あっぱれです!
わかば 2010/03/14(Sun)10:36 編集
手の掛かる子程、可愛い…?
わかばさん

共感して頂き、有り難う御座います。いつも予想外の行動をするので、面白くもあるのですが、スリリングな時もあり、振り回される日々です。普通と違うという点で、ある意味大物かもしれませんね(苦笑)
ネタには事欠きません。

そんな私の野望は、将来、奴の結婚式でネタを暴露してやる事です(笑)
しっかり者の嫁さん捕まえなきゃ~(←気が早すぎ)
らぶりーたいちん URL 2010/03/14(Sun)16:21 編集
はじめましてm(__)m
とんぼ玉工房「MASUMI」の、彩ますみ(MASUMI)と申します。
他、イラスト工房「MASUNET」というイラストブログも手がけます。

わたしも、実は29歳ですが、今年になって「アスペルガー症候群」最近ではADHDを併発していることが診断されました。

小さい頃からどうもうまくいかず、友達ばかりか親にまで「この子は変な子だ」と言われてきたので、去年うつ病になってしまい、それで障害が発覚しました。

でも、ブログを拝見させていただきますと、やはり親はとても大変なのだな……と感じます。

きっとウチの親も……しかもウチの場合は、わたしの双子の姉(わたしは双子の妹です)が、もともと自閉症と知的障害があり。
親の大変さは……本当に大変なもので、想像を絶するなと感じています。
きっとわたしも「馬鹿な娘」と思われているのだろうな……。(T_T)

そうなると、やはりわたしはいないほうがいいのでは……と感じてしまったりもしますが、今は何とか、苦手なところを補いつつ、作品作りに励んで生きています。(^。^)

もし宜しければ、ウチのブログに遊びにいらしてくださいね、とんぼ玉が待ってます♪
masu-tonbodama URL 2010/03/18(Thu)11:54 編集
はじめまして。
ますみ さん

こんにちは。書き込み有り難う御座います。

私は、当事者の気持ちを想像することしか出来ませんが。自分の考えが伝わらない、他人に誤解されやすい、というのは物凄く辛いだろうと思います。

障害という診断を受けていない、普通のつもりでいる私達ですら、周囲の人間に理解されない孤独感は、多少なりとも感じている事です。

障害といってもそれが個性なのですから、本人も家族も、「どんな特徴があって、どうすれば良いのか」という事を知り、対処して行くのが大事ですね。

ますみさんは、長い間どうすれば良いか分からず、ご苦労されたのですね。親御さんも、どう付き合って良いのか分からずきっと沢山悩んだ事でしょう。

私も親の立場で考えると、確かに親は大変です。でも、どんなに大変でも、自分が大事に生み育ててきた子供だから可愛いんです。「居ない方がいい」なんて思わないで下さい。必要とされて生まれたのですから。

私は、ブログで愚痴を零すこともありますが、それはストレス解消の為で、心から子供を馬鹿にしている訳ではないのです。
当事者である子供の方が、もっと訳が分からず大変なんだろうなとも思います。
今回のことも、一時間半も一人で歩いている間、息子は心細かっただろうな…と想像すると可哀想で涙が出てきます。
どんなに理解し難くても、親が一番の理解者になってやらねばと思います。

ますみさんのブログにも少しお邪魔しました。とんぼ玉、物凄く綺麗ですね。また改めて寄らせて頂きます。
らぶりーたいちん URL 2010/03/18(Thu)18:38 編集
こんにちは!(*^_^*)
らぶりーたいちんさん。
こんにちは。

改めて今思いますと、大変失礼なことも申し上げてしまいました。
申し訳ございません。m(__)m

今でも、父母には申し訳ないなと思うこともあるのですが、最近ではいろいろ良いこともあり、この障害を持つわたしにとって過ごしやすい環境となっています。
人と争うことも少なくなりました。
また、先日、とんぼ玉をコンテストに提出したのですが、これが入選し、自信が持てました。(*^_^*)

また、日頃、発達障害者手帳がないことに驚いていたので、先日は市に、昨日は厚生労働省に、発達障害者への支援について要望書を提出しました。

これがきっかけに、発達障害者への支援が多くなればよいと思います。
たいちんくんが今も、将来も、過ごしやすくなることを祈ります。
masu-tonbodama URL 2010/03/24(Wed)12:48 編集
重ねて書き込み有り難う御座います
ますみさん

こんばんは。ますみさんのブログにもお邪魔させて頂いていますが、なかなかコメントを残すことが出来ず申し訳ありません。
トンボ玉の事は、よく知らなかったのですが、ますみさんの作品の美しさに惹きつけられました。時間があれば、じっくりとアルバムを眺めていたいです。

私の息子と同じく考えてしまうと、失礼かもしれませんが。好きなものに対して熱心に取り組む様子が似ていると思いました。好きな事はずっと続けていける、その思いの強さの中から、凝縮された芸術が生まれるんだなぁと感じます。
コンテストの入選、おめでとう御座います!!

そして、発達障害者への支援について、積極的に行動なさっている姿に、私も見習わなければと思いました。国が発達障害支援制度に重い腰を上げたのが、つい最近の事ですから、まだまだ不便なことは沢山あると感じています。それを諦めずに、こちらから働きかけることは、とても大事ですね。

ますみさんも、今はご自身の素敵な才能を生かして、ご活躍されている様子で私も勇気付けられました。
これからも、心を癒す美しい作品を楽しみにしています。
らぶりーたいちん URL 2010/03/24(Wed)23:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]