忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午前中、試食販売の仕事をして帰って来ました~、立ちっぱなしでクタクタです。
それでも、普段直接お客様相手の販売などしない、全くの素人なのですが、
なんとか楽しくやらせて頂きました。

ハムの日企画、今年で二回目。直売場で、自分達の生産した物を手にとって頂けるのは本当に嬉しいです。直接感想を頂けるのが良いですね。
今日は、ウィンナーとボンレスハムを焼いて提供しましたが、
『焼くと、しょっぱいわね』や『ウチには、この位で丁度良いわ』など反応は様々。

買うか買わないかは別として、『美味しい』の一言が頂ければ満足ですし、食べた後、
無言で去って行く人にも「(食べて頂いて)有難う御座います」と伝えるようにしました♪

自分の手で作ったものだから、多くの人に知って貰いたい。
こういうのは、同人誌即売会に似てるなぁ…と、オタクならではの経験とダブります
(;´∀`)
立ち寄って見本誌を見て頂けるだけでも、ペーパーを貰って下さるだけでも良いのです。売り手は、大抵がそういう心持ちだと思います。
まぁ、趣味と商売とでは、また違ってくるのでしょうが。

昨日の記事に寄せられたコメントで、『食べたら買え、と迫られた』との旨の体験談を
伺いましたが。そういう事もあるのか、と驚きです。
スーパー等のメーカー品でしょうか…販売員にノルマでもあるんでしょうかね。
試食販売の効果は、その日の販売実績もありますが、やっぱりその後“リピートして貰えるかどうか”が重要だと思います。
例えその日に購入されなくても、気に入って頂ければ、後日必要な時に購入して貰える筈。

押し売りに近いと、それだけでもう嫌になりますね。
(同人誌即売会でも、稀に強引な客引きをするサークルもあるようですが、そんなのに限って販売物の内容が悪いものです。)
皆様、そんな販売員に出会ってしまったら、店の責任者に遠慮なく言った方が良いですよ。お店の対応は、お客様第一ですから。

まぁ、売り手としては『知ってもらう事』を目的としている、と分かっている訳ですが。
いざ自分が買い手に回ると、気楽に…と行かない心理も良~く分かります。

「買いたくないな、係わるの面倒だな。」と思えば、私は販売員さんと絶対、目を合わせません(;´∀`)
目を合わせるかどうかが、一番 意思が伝わりますね。
逆に、売る時は、出来るだけお客さんの目を見て「宜しければ、いかがですか?」と
伺うと、立ち寄って貰えたりします。

あと、興味があっても自分一人だと近寄り難い、というのもありますね。誰か一人でも居れば、便乗出来るのですが。
(売る時は“サクラ”が欲しいなぁ…と思ってしまう。)
どうしても“食べる→買わなきゃ悪い気がする”という意識は拭えませんね。若い方に、そう感じる方が多いように思います。

しかし。

神経の太…いえいえ、人生経験豊かな オバサマ方は見事です。試食の達人です。
全種類の商品を食べた後、『もう少し食べさせてくれたら買うわ』と仰る方。←別に私は悪く思わないですが、ちょっと驚きました(;´∀`)
でも、本当に買って下さいましたしね。凄いなぁ、吟味して買う事が出来るなんて。

あと、商品の内容について質問されてくる方。
今日は添加物について、詳しく説明する事になりました。販売側は、どんな質問をされても、正しく説明出来なければならないので難しいです。
でも、納得が行く説明がされてから買う、というのも大事ですね。
やはり、年長者からは学ぶ事が多いです。

そんな感じで、試食販売について構えず理解して頂けたら幸いです。
私もまだまだ、未熟者ですけどね(ノ∀`)


おまけ。今日の面白かった人間模様( ^,_ゝ^)

試食を勧めた時。
「いや、女房に聞かないと分からないから」と、頑なに奥さんが来るまで食べなかった
中年男性。
そこまで、気を使わなくとも…と思わなくもないのですが(苦笑)

あと、小さいお子様は無条件に可愛いです~~
美味しそうにパクパク食べる姿は嬉しいものです。お母様は「食べ過ぎ」なんて苦笑い。
まぁ、限度を知って見てて下さるのなら、それで良いんですよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです
暑い日が続きますが体調は大丈夫ですか?
試食販売をされたそうでご苦労様です。
私も販売に携わる仕事をしているので販売の大変さがとても良くわかります。
販売とはただ物を売るだけではなく、その人にライフスタイルを提供するコミュニケーションのひとつだと思うんですよね。食品にしても服飾(麒麟は百貨店の婦人肌着の売場で働いてます)にしても販売員のスタンスは同じだと思います。如何に商品を理解してもらうか。お客様の望むモノをどれだけ自分が理解出来るか。
販売を長くやっている私でも、なかなかうまく相手の気持ちがわからなかったり、逆に思った事が伝えられなかったり…
難しいからこそ遣り甲斐のある仕事だと思います。
まずは自分が販売する商品を好きになることが大事ですよね。
お客様の中には変わった方も見受けられますが、機会があったらまた販売をしてくださいね。やりこむと楽しいですよ。
それは乱文失礼致します。
麒麟 2008/08/06(Wed)13:20 編集
こんばんは
麒麟さん

体調をお気遣い頂き、また、貴重なご意見を有難う御座います。
身体の方は、至って順調であります。

そうですね、普段、消費者側の目線で考えている所を、逆に販売側に立って考えると随分大変なのだなぁと色々考えさせられました。それぞれの思惑もありますしね(^_^;)

こういうお仕事でもしない限り、なかなか不特定多数の方とお話する機会なんてないですが。本当に様々な考えの人を見るのは、面白いです。まだ入り口をちょっと覗いた程度でしょうけど…。

でも、これでお給料を頂くのは、並大抵の難しさではないでしょうね。人間相手ですから、決まった攻略法がない、でもそこが面白いというのも分かります。
物凄くコミュニケーション能力が磨かれることでしょう。

売り手としても、買い手としても。気持ちの良い販売、または満足の行く購入に至るまで、積極的に人と係わるのが大事なんだなぁ、と思いました。

また、来年は色々踏まえて、頑張ります!!
子供おんぶで(笑)
らぶりーたいちん URL 2008/08/06(Wed)23:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [583]  [582
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]