忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、家族で海に行ってきました。私にとっては、小学生の頃以来ご無沙汰だった九十九里浜です。
お天気は良かったのですが、そうなると今度は紫外線が怖い。
ラッシュガードを家族分用意して、日焼け止めも塗って挑みました。

九十九里浜の海水浴場は、波が荒いことで有名なのですが。
この日は特に荒かったようで背丈の三分の二ぐらいの深さまでしか海に行かないように、監視員さんが目を光らせていました。

そんな中、初の九十九里浜デビューの子供達は、三者三様の反応で面白かったです。

たいちん(9才・長男)は、買ったばかりのジンベエザメ型の浮輪を持ち、ずんずん沖に行って波乗りを始めました。
最初は、波に乗るタイミングを外してひっくり返ったり、盛大に波にもまれていたようでしたが。
全然めげずにやっているうちに、みるみる上達して見事に浜辺まで波乗り出来るようになりました。生まれつき、水が大好きな男ですからね。
一時期は「俺は漁師になる」なんて言ってたり(^_^;)

そして、まりりん(7才・長女)も、沖側に向かう私を懸命に追い掛けて来るのですが、偶に背丈くらいの波が物凄い力で押し寄せてくるものだから半泣き。
背の半分くらいの所で波の乗り越え方を教えました。

1.波がきたら、おしりを向けてジャンプ
2.越えられないような大きい波が来たら、潜って波をやり過ごすこと

こんな感じで、慣れてきたら最後は楽しんで突入していました。

ひかたん(2才・次男)は2度目の海だけど、昨年と違って波が打ち寄せてくる感触は初体験。引くときに、足元が砂ごと持っていかれるような感じも怖かったようで。
「帰る! 帰る! だっこ! だっこ!」の連発でした。
それでも何とか宥めて、波が来るか来ないかの波打ち際で砂遊びを楽しみました。砂を掘って掘って砂のお城と、大きな穴が出来ました。その穴には偶に海水が流れ込んでお風呂みたいに。
溜め水をよーく見ると何だか分からない小さな生き物が沢山泳いでるんですよ~。

沢山遊んでもまだまだ遊び足りない様子の子供達を連れて引き上げる頃には、大人はヘトヘトです。
また、身体に付く砂も半端ないので、海の家のシャワーで流すのも一苦労。遊んだ後も体力使います。

それにしても……千葉の海の匂いは良いとは言えないです。
小さい頃は何の疑問も抱かずに、「海の匂いはこんなの!」と信じていましたが、大人になって沖縄の海に入った時は本当にビックリでした。

「臭くない!! 砂が白い!!」

こんな風に、今まで「これが全てだ」と思いこんでいたことがひっくり返される事が、まだまだあるのでしょうね。

 ラッシュの選び方。
子供はすぐにサイズアウトしてしまうので、水遊び用なら2~3サイズ大き目でも良し。ウチの子達はダブダブなTシャツのように着ています(^_^;)
泳ぐ為ならピッタリを選んだ方が良いです。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[40]  [39]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]