忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光とともに…~自閉症児を抱えて~DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!


最近、再放送されているドラマの方を見ています。
今はTVなど滅多に見る時間がないのですが、これは偶然付けた時に第一話からだったので、何か運命を感じます。

以前から原作の漫画の方も気になっていたのですが、やっと話の片鱗に触れる事が出来ました。
もう、毎回、タオル無しでは見られません(ハンカチでは役不足・苦笑)。
やはり、お母さんの気持ちに共感してしまいますね。録画して主人にも見せたのですが、やはり泣きそうになってました(^_^;)

子供の気持ちが分からない事への戸惑い。そこへ他人から「普通ではない、母親の接し方が悪い」と責められる辛さ。五里霧中、四面楚歌。
子育てをしていれば、誰でも少なからずぶち当たる壁だとは思うのですが、更に『障害です』と言われるとどうしたらいいか分からない、現実逃避をしたくなる位ショックなのも良く分かります。

強く共感する部分が多いのも、我が家の たいちん(7才・長男)も、発達障害という事で多方面にお世話になっているからなのですが。
改めて『障害』って世間はどういう認識なのかな、と考えさせられます。
発達障害だけでなく、身体的なハンディキャップ、老化による不自由さなども。

身近にハンデを持った方が居ないと、なかなか自分の身になって考えるのは難しいかもしれません。
でも、誰しも何時かは障害を持つようになるのです。

大概の人は「自分に関係ないわ」って思うのだろうな。
そして出る言葉は「可哀想ね」「大変ね」。
その言葉の裏には「あんな風じゃなくて良かった」「面倒には巻き込まないでね」という意識が見え隠れしている。
私達もうっかり口にしてしまう言葉の裏には、例え無意識でもそんな意味合いが含まれてしまう。

動物の世界では、ハンデがある個体は排除されてしまうのが自然の摂理だけれど。
私達は、考える力・想像する力・心を持っている。
困っている人の手を払い除けるのではなく、手を差し伸べる方が、ずっと気持ちが良いに決まってる。

「理解できないから」「係わりたくないから」「面倒だから」「自分の事で手一杯だから」
無理解が一番辛いし、悲しい事だと思います。

たとえ理解出来なくても、理解しようと努力する。簡単な事なら手伝えるかもしれない。
冷たい視線ではなく、温かく見守る事なら出来る。迷惑をかける時も、助け合うのもお互い様。
そんな心構えでいられたら良いな、と私は考えています。
助け合う事が出来るから、人間は素晴らしいのではないかな。

まぁ、日々に追われると心に余裕を持つ事が難しく、周りが見え難かったりするのですがね。なるべく、感謝の気持ちを忘れずに生きて行きたいものです。

我が家の場合も、保育所の先生方から養護教育センターの先生、小学校の先生、地域の方々やお友達に支えられ、なんとかやっています。
保育所の所長先生が、卒業式などの行事で小学校に出席される度に、息子の様子を気に掛けて下さって、「立派に行事に参加していたので、涙が出そうに嬉しかった」と仰って下さって、本当に有難い事だと思いました。


このドラマを見ていると、子供が元気に成長する事、私達が当たり前に出来ている事。
一つ一つがついつい“出来て当たり前”と思ってしまうのですが、何かが出来るようになるって凄く感動的な事なんだなぁと感じます。

障害を持っているいないに係わらず、子供にとって初めてする事が出来るようになるまでって大変な事なんですよね。
それをつい忘れがちな大人。
「何度も教えたでしょ、まだ分からないの?」「皆、もう出来るよ」なんて、つい禁句を言ってしまう私。
分かっていても、なかなか上手に引っ張り上げてやるのが難しいです。
子供のペースに合わせる、その子に合ったやり方を探す。私も、まだまだ勉強する事が一杯です。


原作の方も借りて読もうかな。


全巻セット!ご購入は当店で!この商品は送料無料です!【漫画】光とともに… ~自閉症児を抱えて~ (1-14巻 最新巻)【090406_モバイル限定】

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いつも・・・
雪乃サンは考える「切欠」を私に与えて下さりマス。

今日の記事読みながら泣きました・・・
子供のペース、大切にしてあげなくては!!っとか、
もっと思いやりを持たなくては!!っとか改めて思いました。
それこそ当たり前のコトなのにできてない自分がはがゆいやら恥ずかしいやら・・・

子供のコトとなるとつい自分のコトを(自分で)責めてしまいがちなのに、
周りの人に「母親が悪い」とか言われると、追い詰められてしばらく立ち直れませんよ~;;;

なんでもコイ!!とばかりにドンッと構えていられるような母ちゃんになりたいなぁ・・・
acochi29 URL 2009/04/09(Thu)02:21 編集
大丈夫!!
acochi29さん

いつもコメントありがとうございます。

acochiさんは、他人に共感して涙を流すことが出来る、素敵な心の持ち主だと思いますよ。なぁちゃんも、お母さんに想われて幸せです。

第一子は、どう育てて良いか特に悩みますよね…。初めてだらけですから。怒ったり、悩んだり、出来なくて落ち込んだり……。試行錯誤しながら、母は強くなるのです。

そして、お母さんの心がのんびりしているのが一番ですね。私も、余裕で子供を受け止めてあげられるような、広い心を持ちたいです。私は日常では、かなり激しい怒りんぼ母ちゃんなのです。周囲に恐れられています(^_^;)
理想に近づくのが、なかなか難しいのですけど目標は高く。
現実、イヤなことも沢山あるのですが、力を抜いてやっていきたいですね~。
らぶりーたいちん URL 2009/04/09(Thu)10:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [415]  [416]  [446
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]