忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。 アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。 同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトル通りです(安易で直球でスミマセン・汗)
興味ないね、の方は毎度のことながら華麗にスルーでお願いします<(_ _)>



今日は、お気に入りサイト様でセフィザ小説ばかり読み漁っておりました。
まったく、どんなザックスでも大抵は美味しく頂けてしまう私です(^_^;)

今まで、あまり深い解釈でのセフィザは読んだことがなかったのですが、改めて考えてみるとこれまた面白い関係だなぁと興味が沸いてしまいました。
ザックス側からは、余りセフィに対する思い入れは無い様にも思われますが、セフィが
ザックスに救いや安らぎを求めていたと考えるとちょっと悶えます。
また、ザックスは懐が広くて博愛主義っぽいから、受け止めてしまいそうだな…なんて。

今、何度目か分からない、CCリプレイ中なのですが。
6章のラストのジュノン空港でのやりとり。

何なんだろう、アレ。未だに疑問だらけな演出です(笑)

セフィロス 「モデオヘイムへ行く途中だったが、おまえがここにいると聞いてな。」

…何故、任務を途中放棄してザックスの元へ来たのでしょうか???
相変わらず、自分の任務を他人に押し付けて来たのか? 我侭な英雄さんです。
その英雄さんの台詞を受けて。「うれしいなぁ。」と、ちっとも嬉しそうじゃない声で返す
ザックス(笑)
何か、勘ぐっている様子。

そして、ジェネシス・コピーがスラムにも現れているから帰れと促すセフィロス。
ジェネシスの死の確認と、これを直接伝える為に来たのか?
そんなの電話で済むんじゃないの? 任務放棄してでも、本人に会わなきゃいけないんですか?

つーか。
ザックスの気になる相手がスラムにいることは、チェック済み なのですね?

なんでそんな私生活まで知っているんでしょう?
ザックスがセフィの前で惚気たのか? …そんな余裕は無い筈なんだよね。
そして、気を利かせてザックスに借りを返したつもりなんでしょうかね?(←任務押し付けの件)

その後、何故か去り難い様子のザックス。

何なんですか!? あの、モジモジと話し掛けるのを躊躇う乙女のようなザックスは(爆)

普段、言いたい事は、誰を前にしてもサラッと言っちゃう様なキャラじゃないですか。
その彼が何を躊躇って、何を言いたかったのか、非常に気になります。

セフィロス 「またすぐに会えるさ。」
ザックス  「絶対だぞ!」

何故、そこで強く念押しするか、ザックスよ…。
どうしても、後でゆっくり話したい事があるのか?
また立ち去るザックスの背を、優しげな微笑を湛えて見送るセフィ……。
何考えてるんだろう。
結局、ニブルに行くと全くこの雰囲気が無くなってしまう二人なのですがね。


以前も書いたんですが。
アンジールとセフィロスを受け継いだザックスに、ジェネシスは始末されたがった。
となれば。
ザックスを受け継いだクラウドに、セフィロスは始末して欲しかったのかな、と。
そんな思いを強くする今日この頃です。
ラストバトルはバスターソードでなくてはなりません。だから、売れない初期装備なのです。

セフィクラを否定するわけではないです。一解釈としての話ですので。念のため。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪BL熱病  | HOME |  外出≫
[290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [306]  [305]  [304]  [303
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]