忍者ブログ
オタクな母が、日々の萌えや子育て等綴るブログです。             アニメ・漫画・ゲーム語りから日常の色々まで。                            同人、二次創作に理解がある方のみ閲覧して下さいませ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何度も病院へ足を運び、検査を受け…たいちん(7才・長男)の発達障害の診断が付きました。

結果は『ADHD』と『広汎性発達障害のボーダー』とのことでした。
私が感じていたまま、予想通りの結果です。
ただ、広汎性発達障害の方は傾向としてはそれ程強くなかったのが救いかな。脳波も脳の断面(簡易的なもの)にも異常は見られなかったし。
コミュニケーション障害は、周りも本人もストレスが溜まりますからね(^_^;)
ボーダー(境界)の子は結構多いそうです。でもそれって「ウチだけじゃないわ」なんて安心して良いのか疑問な気休めですが。
そんな障害が増えてるのだとしたら、社会が成り立たなくなる重大な問題じゃないですか。
(感覚で言うと、先進国に増えてきた障害のような気がしますね。戦前の日本や自然と共に暮らしている民族には問題に上がらないものではないでしょうか。)

発達障害について色々調べていると、まだ謎な部分が多過ぎて錯綜する情報に振り回されてしまいます。
外側から係わる人間と当事者とその親でも意見が分かれる所でもありますし。
実際、困っている当事者の立場に立って理解しようとするのは本当に難しいです。

論争の一つとなっている、薬物治療。我が家も悩みましたが、コンサータを服用する事にしました。
脳内神経に作用する薬、第一種向精神薬、副作用が出やすい等と聞くと構えてしまいますが、薬は適正に利用すれば毒にはなるまいと考えました。
何より本人が、集中する感覚や感情のコントロール法を落ち着いて学べる方が良いはず。
たいちん の鉛筆の持つ方の先は、全部齧られて割れて芯が覗いているのです。
周囲に合わせてついてゆくのに、凄いストレスを感じているのだと思います。
それが少しでも早く改善されるなら。

もちろんお薬だけではなく。環境を整え、食餌療法も取り入れ。
認められたがっている心を満足させてあげる事、きちんと向き合って受け止めてあげる事、冷静に誘導してあげる事も気をつけてゆかねばならないと思います。

そんな大変手間の掛かる息子ですが、色々な事を私に教えてくれる為に生まれてきてくれたんだろうな。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらの「くすり入門」から読み出しましたが、本当に面白く役に立つ情報ばかりです!
 オススメ☆彡

役に立つ薬の情報

その他、コンサータに纏わる話。

小児用ADHD治療薬 「コンサータ」国内初承認

ADHDに関する論争

メチルフェニデート

リタリン&コンサータ:危険な投薬から子どもと若者を守ろう

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[348]  [347]  [345]  [346]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
桜 雪乃
HP:
性別:
女性
趣味:
らくがき・ゲーム
自己紹介:
程々にオタク。ほんの一時期同人活動をしていましたが、最近は、もっぱら子育てに追われ、ネットで萌えを追う日々。
特徴、物忘れが激しい上に、のんびり屋。
ツイッター
ブログ内検索
最新コメント
[05/14 すずの]
[11/20 まあや]
[04/26 ちょこれいと]
[04/24 ちょこれいと]
[03/30 ぜふぁー]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]